管理会計という言葉

広告代理店様向け販売管理システムのアップクロス 営業担当 飯尾です。

弊社が販売しているシステムでは、いわゆる「管理会計」を希望するお客様がいらっしゃいます。

管理会計

この言葉にアレルギーを感じるかたも多いのではないかと最近思います。 またこの言葉自体が「管理会計」の本来の目的を間違ってとらえられてしまう原因にも なっていると思います。 誤解されることが多い管理会計です。

Wikipedeiaで調べてみると

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%A1%E7%90%86%E4%BC%9A%E8%A8%88

管理会計かんりかいけい、英語:management accounting)は、企業会計の一種。主として、会計情報を経営管理者の意思決定や組織内部の業績測定・業績評価に役立てることを目的としている。対義語は財務会計

管理会計上の情報は、組織内部で使用される機密情報として扱われることが多く、この点で組織の外部からも利用可能な財務会計上の情報と異なる。逆に、財務会計上の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法法人税法などのより内容が規制されるが、管理会計上の情報にはそのような規制はない。伝統的管理会計は主として、原価計算(Costing)と予算管理(Budgeting)からなり、最近の傾向として、組織内部の様々な活動や組織の戦略と関連付けて考えられることが多い。

また、管理会計は「過去」から「現在」の結果情報に基づいているだけでなく、国際財務報告基準IFRS)が適用されれば「将来の」見通し情報に基づくことになる。ゆえに、将来的にIFRSが適用されれば、経営管理指標と管理会計へのインパクトがでてくることが予想される。

とあります。

管理会計の目的は 「企業の業績測定(業績予測)に必要なデータを集めて経営の意思決定や業績評価に役立てる」 となります。

もっと簡単に説明すると ・営業活動の見込みや実績を集めて ・企業に必要な確度やセグメントで分析をかけて ・その分析結果をもとに企業活動に役立てる ことです。

財務会計は結果です。 結果の集積と会社の情報を把握・報告するために必要な会計です。 管理会計は、財務会計につながるまでの情報収集です。 この中には  ・予算 ・見込み ・実績 を含みます。 企業によってこの3つの要素は見方や分析の方法が異なります。

たとえば、 予算・実績では、 ・月別、四半期別、年別 といった時間軸での集計。 ・事業セグメントや売上の分類といった分析と集計 ・担当別や部署別等の個人別組織別の分析と集計 が見ていきたい数字です。

このように、「管理会計」は本来企業に必要な要素です。 しかし、誤解を受けています。 なぜ誤解を受けるのか? それは管理会計という言葉が悪いのではないかと私は思います。 結構多くの方々が「管理会計」の「管理」の部分に過剰に反応されています。 「管理」 あまりいい印象をもつ日本語ではないですよね?

管理会計」の誤解とは、「管理」という言葉に着目したことにより誤解を生じています。 ・社長や役員に「管理」されるのではないか? ・経理部や管理本部が「管理」をしたいから無理をさせられてるのではないか?

管理・・・管理・・・管理・・・・ この言葉ひとつがとても誤解を生んでいます。

管理会計の本来の目的は ・将来予測 ・対策の検討 ・行動に移すための基盤 です。 よくいわれるPDCAサイクルを回すために必要な要素です。 Plan(計画) Do(実行) Check(評価) Act(改善) ですね。 企業によっては、Actの後に organization(組織化)が必要になる場合もあります。 PDCAOですね。

「管理」が目的ではないのに「管理会計」と呼ばれています。 元がmanagement accountingなので、和訳で「管理会計」というのはわかりますが、 やはりこの言葉は・・・ちょっと誤解を生みすぎているのではないかと最近思います。

「営業会計」「マネージメント会計」のほうがわかりやすいのではないかと常々思います。