システム導入までの工程

広告代理店様向け販売管理システムのアップクロス 営業担当 飯尾です。

私の仕事として、

 ・初回訪問⇒ご提案(見積)⇒契約(受注)⇒要件定義⇒カスタマイズ内容確定⇒本稼働⇒運用保守

と広告代理店様の販売管理システムにおいて、ひととおりの工程に関わっています。 私はプログラミングができないので、実際プログラムの作成は弊社のSEに任せます。 また要件定義⇒本稼働までは、弊社のプロジェクトマネージャーに任せることもあるので、 全て関わる場合と、要件定義まで関わる場合とご提案するお客様によってマチマチです。

競合他社の場合、営業とSEの役割を分けているスタイルが多く 営業は  初回訪問⇒ご提案(見積)⇒契約(受注) までを営業が担当して SEが  要件定義⇒カスタマイズ内容確定⇒本稼働⇒運用保守 を担当するという仕事の切り分けをしている会社が圧倒的に多いです。

どちらにもメリットとデメリットがあります。 弊社のスタイルの場合は 営業が一貫して関わることが多いため、 初回から最後までお客様の要望について営業が把握できるため、SEには開発に専念してもらうことができます。 その代り営業効率が落ちます。

分業スタイルの場合は、 営業とSEの関係性、お客様と営業、お客様とSEの関係性がうまく構築できていないと意思の疎通が とれないデメリットがあります。 その代り、営業効率はあがります。

良し悪しがありますが、私は今のスタイルのほうがお客様とお話する時間が増えるので好きです。 分業の場合は、詳細部分を営業が理解できない状態になってしまいます。

結構いろいろなお客様で最後の工程まで関わらせていただくことが多いので、 他社の営業の方に比べて業務知識や提案の経験は深くなっているのではないかと 思っております。 特に広告代理店に関する業務パッケージを扱っている会社が世の中には少ないので 広告代理店システムについては、第一人者でありたいと思っている今日この頃です。